翻訳家の仕事って儲からないって本当なの!?翻訳家の未来を大解剖!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「翻訳家の仕事には興味があるけど、翻訳家ってこれから、AIにとって変わられるとか、需要がなくなるんじゃないかとか、将来性も含めて本当のところどうなのか気になるんだよね。」

 

 確かに、いま非常に技術が発展し、翻訳の仕事もAIに変わられるんじゃないか?そう言われていることもありますが、それが理由で翻訳の仕事を諦めるのは非常にもったいないこと。

 

なぜなら、翻訳の仕事はこれからますます需要が伸びていく市場だから。

 

とはいえ、これから来るであろうAI時代に対して、安定的に仕事がもらえるのかどうか気になってしまうでしょうから、今回は、ぶっちゃけ翻訳の仕事はこれから儲からないって聞くけど本当なのか、を徹底解剖していきます。

 

AI時代や翻訳の需要が本当に続くのか、これからが気になる方は最後までじっくり読んで参考にしてください。

翻訳の仕事だけでは生活できない!?

 

現在、日本国内では、外国の商品の取り扱いが年々増え続けていて、英語で書かれた取り扱い説明書などを翻訳する機会が増えている。

そこで翻訳家の出番というわけですが、確かに機械翻訳も可能ですが、その精度はまだまだ人間が翻訳したものには敵いません。

 

ただ、昔のようにさっぱり意味がわからないというものはほとんどなくなり、年々レベルUPしているのは確か。

「AIに翻訳なんてできるわけがない」とあぐらをかいているような人は本当に仕事を奪われてしまうかもしれませんね。

 

しかし、何度も言うように、いくらAIが発達したとはいえ、そのまま使えるわけでなく、人間の手直しが必要なのが現状。

ただ英語から日本語に翻訳すればいいのではなく、僕たちがわかりやすいように翻訳することが必要なわけです。

 

企業のマニュアルや製品説明書など、意味が通じないと困るものがたくさんありますよね。

そういった案件たくさんあるにも関わらず、圧倒的に供給が追いついていないのが現状なのです。

 

また、外国からの商品などの輸入が多くなり、翻訳業界の2611億円という膨大な市場規模も年々大きくなってきているため、一度翻訳スキルを身につけてしまえば半永久的に稼ぎ続けることができてしまいます。  

もし今プロの翻訳家として参入することができれば、仕事の依頼が殺到することが予測できます。

 

↓【YouTubeでもご覧になりたい方はこちら】

 

食っていけないから翻訳家を諦める!?

 

「翻訳家の仕事は食っていけない・・・」と言う話を耳にしたことがあるかもしれませんが、それは稼げていない人が言うセリフですよね。

現に翻訳の世界で1000万以上稼いでいる方がたくさんいらっしゃいます。  

 

実は、翻訳家という職業はあなたの好きな金額を稼ぐことができてしまうのです。

翻訳会社と契約してプロの翻訳家として活動することで、手に負えないほどの案件があなたの元へどんどん舞い込んできます。

 

その案件を受けて仕事するかしないかはあなたの自由。

 

例えば、月収30万円あれば十分という方は、1日1時間程度働き、あとは趣味や家族との時間に充てることができます。  

「いやいや私はもっと上を目指して、年収1000万円以上稼ぎたいよ!」って方は、週休2日で1日4〜5時間仕事をすれば実現できてしまいます。

 

また、家事や育児に忙しい主婦の方が、お金が必要な時だけ仕事するというような稼ぎ方も実現出来るのです。

まとめ 

 

「翻訳の仕事は食っていけない・・・」そんな話を耳にしたことがあるかもしれませんが、現在、産業翻訳家は、需要に対して供給が全く足りていない状態なのです。

 

参入すれば長期的に安定して稼ぐことが出来る、まさに稼げる波に乗っているビジネスなので、あなたもいますぐ参入して、自由と安定を手にして自由で楽しい人生を送りませんか?

 

 

 

★ランキングに参加しております。よろしければ、ポチッと応援お願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


翻訳ランキング 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
1日たったの1時間で、まずは手堅く月30万円の副収入。年収1000万円を目指せる『在宅英語起業』を教えます!今すぐLINEで登録!

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 松元 より:

    クラウドワークスの仕事をする、というのが、具体的にどういうことなのかわからないので、明日、調べてみます。

コメントを残す

*