翻訳の仕事を在宅で行う場合の収入は?他の職業と比較して徹底解剖!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「翻訳の仕事には興味があるけど、ちゃんと生活出来る収入が得られるのか心配・・・」  

浅野正憲

好きなことを仕事にしたい気持ちはあるけど、いくら好きでもそれで生活がカツカツだと、それで「幸せ」とは言いづらいですよね。  

翻訳の仕事に挑戦したい気持ちがある反面、生活できないかもしれない不安もあって、頭を抱えている人も少なくはないでしょうか?

 

ただ、在宅で翻訳の仕事をしている人の中にも、あまり稼げていいない人がいるのも事実。  

そのため、今回は、在宅で副業の仕事した場合に、どれぐらい収入を得ることができるのか、またその難易度や競合はどうなのか、について、お話していきますのでじっくりと読みすすめてください。

英語コーチや英語教師、通訳との比較

 

ここではわかりやすく、翻訳家と英語コーチ、英語教師、通訳の仕事を下記の4つの分野で比較してみた

  • 働く時間
  • 収入
  • 他との競合性
  • 難易度

では一つずつみていきましょう。

 在宅翻訳家と他の働く時間を比較

英語コーチや英語教師の場合

クライアントの都合に合わせて、夜遅くや早朝など、時間は様々。

相手あっての仕事なので、お互いの時間を合わせる必要があり自分の都合で仕事をするのはなかなか難しい。

通訳の仕事の場合

こちらもクライアントの都合により勤務時間は変動。

また、クライアントに付きっ切りになるため自分の好きな時間に仕事をすることは不可能に近いですよね。  

翻訳家の仕事の場合

スバリ!翻訳であれば好きな時間に1日1時間からはじめることができるのです!  

それもそのはず、翻訳の仕事は誰かに仕事の時間を合わせる必要もありませんし、時間や場所にとらわれることなく、自分の都合で仕事をすることが可能!!

 

ただし、自由に仕事ができるので、自分で仕事する時間を決める必要はありますね。  

しかし、仕事に追われ終電でクタクタに帰ってただ寝るだけの毎日とはまったく無縁の理想のライフスタイルを築くことが可能。

在宅翻訳家の場合と他の収入を比較

英語コーチや英語講師の場合

クライアントを自分で獲得しないといけないため収入は不安定になりがち。

あなたが集客するのが得意で自信があれば問題ありませんが、なかなか自分で集客するとなると難しいですよね・・・

 

英語コーチや英語講師で食べて行くには、英語の勉強以外に集客の勉強も必要になります。  

通訳の場合

そもそも需要が少ないため、仕事の依頼が滅多にこず収入もかなり不安定。

せっかく憧れの通訳になれたとしても、通訳として活躍する機会がないとやりがいもなくなりますよね。  

翻訳の場合

はい。案件がどんどん舞い込んで来るため、自分のライフスタイルに合わせて収入をコントロールすることが可能!

自分が好きな時間に好きなだけ働くことができるのです。  

 

他と比べても圧倒的に稼ぎやすい仕事スタイルになっている。

在宅翻訳家の場合と他の競合を比較

英語コーチ、英語講師の場合、

参入敷居の低さから同業他者が多いため競争が激しい。

その中から自分の力でクライアントを獲得していくのはかなり大変ではないでしょうか。  

通訳の場合

ネイティブ並みの英会話力と幅広い分野の知識量が求められるため、参入敷居は高いが競合は少ない。

また、英語を話せる人が多くなっているため、需要がそこまで高くはなく、仕事の奪い合いになってしまっているため、ここもなかなか苦労しそうですよね。

翻訳家の場合

需要は多いが翻訳家の数が圧倒的に足りておらず参入すればすぐに稼ぎ出すことが可能。  

他と比べると参入敷居は低く、あなたのライフスタイルに合わせて稼ぐことができます。  

在宅翻訳家の場合と他の難易度を比較

英語コーチ、英語講師の場合

TOEIC満点程度の英語力がないと稼げるようにならないため難易度は高め。

また、自分でクライアントを獲得していかないといけないため営業スキルが必須ですので、そこに自信がない場合はかなり不安定です。  

通訳の場合

も、ネイティブ並みの英語力と通訳する分野の知識が求められるためかなり難易度が高い。

一生懸命勉強してかなりの知識量が必要になるので、なかなか難しいですね。

翻訳の場合

英文を読み取る英語力さえあれば翻訳家となれるため難易度はそこまで高くはない。  

翻訳家になり稼げるようになるためには、ある程度英文を読み取ることができることの他に、辞書や翻訳ツールの使い方などの翻訳スキルがあれば十分なのです。

 

そのため、「翻訳家は難しそう」という一般的なイメージがありますが、実際は難易度は高くないと言えます。

まとめ

 

英語を使った仕事は色々あるにしても、翻訳家の仕事が一番安定して、半永久的に稼ぎやすいということがわかったのではないでしょうか。

もし、あなたが翻訳家に少しでも興味があるのであれば、最速最短でプロの翻訳家デビューして年収1000万円を実現させ、理想のライフスタイルを実現してしまう業界TOP1%の翻訳家になる秘密を受け取ってみてください。

 

自分の好きな時に好きなだけ仕事できて、時間にもお金にも制限を受けない日々を心の底から満喫できるようになります。

 

もう、何かのために我慢するのは終わりにしましょう。

あなたの自由に人生を選択していってください。

 

 

★ランキングに参加しております。よろしければ、ポチッと応援お願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


翻訳ランキング 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
1日たったの1時間で、まずは手堅く月30万円の副収入。年収1000万円を目指せる『在宅英語起業』を教えます!今すぐLINEで登録!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*