英語を勉強すれば稼げるようになのか?翻訳業界の実態から探る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

得意な英語を使って仕事をしたいと思われる方は、ものすごく多くなってきているのではないかと思います。

浅野正憲

どんなに英語を勉強してきても、高い英語力がないと英語を使って仕事は出来ないのではないかと思い、諦めてしまってはいませんか?

今人気の英語講師や結構な憧れの対象である通訳師などありますが、これらの仕事に就くには、それこそ膨大な英語の知識がないとできませんよね。

意外と知られていない翻訳の業界。

今回は、翻訳の業界から、英語を勉強すれば稼ぐことができるようになるのか、お伝えしていこうと思います。

英語系の仕事の種類は?

先程紹介した英語講師や通訳師や翻訳の仕事はどういう仕事なのか、こちらも併せてお伝えしていこうと思います。

英語講師

現在では、特に予備校講師が本当に人気になっていて、そんな羨望のまなざしで見られることにあこがれた方もいるのではないでしょうか?

英語の講師になるには、塾などで教える事さえできれば、実際、誰でもなることは出来てしまいます。

 

ですが、稼げる講師になるためには、英検1級やTOEIC800点以上は持っていないとなかなか信用してもらえませんよね。

さらに、英検1級やTOEIC800点以上という肩書は持っていても、実際に教えることがうまくなければ、講師として稼いでいくことはできません。

 

どんなに高い英語力があったとしても、高い指導力がなければ英語講師としては活動していくことが難しいと言える。

通訳師

最近では、東京オリンピックに向けて、多くの方が通訳師を目指されているようですね。

確かに、外国の方が日本に来た時に、こちらのことを案内出来て、さらにお金がもらえるなら、それこそ素晴らしい仕事です。

 

ですが、これは言わずもがな、相当高い英語力が必要ですよね。

Speaking、Hearing、場合によってはReading、Writingの能力が優れていないと、通訳師として稼ぐことは出来ません。

 

さらに、それができるだけでなく、通訳師はその土地に合わせた地理や歴史なども理解していなければならない。

高い英語力だけでなく、高い知識を必要としているので、なかなか簡単には始められることではありませんよね。

翻訳家

翻訳家というと、どんな仕事を想像しますか?

やはり多くの方は、映画の翻訳をすることや雑誌などの海外の本の翻訳をすることを思い浮かべるのではないでしょうか?

 

それらの翻訳家は、日本の中でも10本の指に入っているような人でないと、できませんし、そもそも仕事が来ません。

ですが、翻訳の仕事はこれがすべてではないのです。

 

実は、翻訳の仕事の市場規模としては、こういった映像翻訳や出版翻訳の仕事ではなく、産業翻訳という仕事が大部分を占めている。

産業翻訳というのは、簡単に説明すると、企業のHPや機械などのマニュアルの翻訳をする仕事です。

 

海外入ってきた商品に英語のマニュアルが入っていることありますよね。

そういうものを翻訳する仕事が、ほとんどなのです。

英語を勉強すれば翻訳で稼ぐことはできるのか?

ほとんど多くの人が、これまでの文章を読んで、

「結局はすごい英語を勉強しなければ、英語を使って仕事をすることは出来ないんじゃないか。」

と思われたのではないでしょうか?

 

高い英語力だけでなく、英語講師なら指導力、通訳師ならそれぞれの国や地域に合わせた知識が必要となると、やはりハードルが高いですよね。

 

「でも、翻訳なら、沢山英語を勉強すれば簡単に稼げるんじゃないか」

 

そう思われた方もいるのではないでしょうか?

 

ですが、どの分野でもどんな仕事でも勉強するだけでは稼げるようにはなりません。

特に翻訳の仕事は、英語の勉強はほとんど必要ありません。

 

なぜなら、翻訳の仕事は検索技術が一番大切だから。

 

翻訳って、基本的に多くの英単語を知っていて、それをすぐに和訳して提出すると思っていませんか?

そんなことは全くないんです。

 

中学校や高校の学校の授業で勉強しているときにやっていたと思うのですが、分からない単語はすぐに辞書を引いて和訳していましたよね。

翻訳の仕事は、それと同じことの繰り返しなんです。

 

ですので、TOEIC500点程度、英検2級程度の英語力があれば、翻訳家になって仕事をしていくことができてしまう。

 

先程、TOEIC500点程度、英検2級程度の英語力があれば、と言いましたが、翻訳家として活動してくためには、実績重視ですので、それだけの英語力なんてなくても問題ありません。

しかも、資格なんて無くても活動できてしまうので、英語を使って稼ぐために英語を勉強し続けなければいけないなんて言うことはないんです。

まとめ

英語を使って稼ぐには、どのような仕事をすればよいのかわかって頂けましたでしょうか?

英語を使った仕事で、英語を勉強するだけでは意味がないということも分かって頂けたのではないかと思います。

今回紹介させて頂いた英語を使った仕事の中でも、特に翻訳の仕事は英語の勉強はそんなにしなくても稼げるようになれます。

 

どうすれば、この翻訳家になることができるのか、様々な情報を発信しています。

 

もしよかったら、ラインの登録お願いします。

→ @masanori で検索してみて下さい。

 

友だち追加

 

★ランキングに参加しております。よろしければ、ポチッと応援お願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


翻訳ランキング

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
1日たったの1時間で、まずは手堅く月30万円の副収入。年収1000万円を目指せる『在宅英語起業』を教えます!今すぐLINEで登録!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*