在宅ワークって本当に稼げるのか??英語を使った在宅ワークランキング!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「在宅ワークに興味がある」「在宅ワークって一体どんなものがあるの??」

 

インターネットが普及したおかげで、いつでも、どこでも仕事ができる時代になりました。

ちょっと昔なら、実際に会ったり、郵送したり、と物理的な距離が仕事に影響しましたが、今は、ネットがつながれば、すぐに連絡とることが出来、ネット上のやりとりで全て済んでしまいます。

 

だんだんオフィス自体の必要もなくなりつつあり、「在宅で出来る仕事」というのも増えていますよね。

時間や場所に縛られない働き方は、これからますます増えていくでしょう。

 

そこで、今回は、在宅ワークは本当に稼げるのか?英語を使った在宅ワークオススメの方法をご紹介します。

在宅ワークの仕事は本当に稼げるのか??

「在宅ワークをやってみたいな・・・」と思うと同時に、本当に在宅ワークって稼げるのか?って気になりますよね。

結論から言うと、正しい方法で取り組めば稼ぐことは可能。

 

ただし、怪しい誘い文句「コピペするだけ」「楽に」「誰でも簡単に」「ワンクリックで」など、そんなに簡単なことで稼げるビジネスが実在するほど世の中甘くはありません。

本当にそれが正しいなら、世の中の人ほとんどがお金もちになっているはずです。

 

こう言った甘い誘い文句で、人を誘惑するようなビジネスがたくさんありますが、結局は誘っている側が儲かっているだけで、そこに参加している人が実際に稼げるようになることはほとんどないでしょう。

 

ビジネスの基本は、「誰かの役に立つこと」「誰かの悩みを解決すること」です。

ここにしっかりと向き合い、誰かが必要としているものを提供することができれば、在宅ワークでも必ず稼ぐことが出来ます。

 

ですので、「在宅ワークは怪しい。」と否定するものではなく、しっかり正しい方法で取り組むことが大切。

 

在宅ワークの副業ランキング!英語を使ったおすすめの在宅ワークは?

ネットが繋がる環境さえあれば、在宅ワークは誰でも可能。

しかし、先ほどお話した通り「正しい方法」であれば、在宅ワークでも確実に稼ぐことは可能ですが、間違った方法だと絶対に稼ぐことは出来ません。

 

今回は、在宅で英語を使って確実に稼ぐことができるオススメの方法をお伝えしていきますので、安心して読み進めて欲しい。

第5位:データ入力・ブログ記事作成

 

英語のデータ入力作業や、ブログ記事の執筆、細切れの翻訳の仕事など、比較的、取り組みやすい仕事があります。

ただこちらは、取り組みやすい分、一つの仕事あたりの単価は安い。

 

この仕事でしっかり稼ぎたい!と思うのであれば、かなりの量をこなす必要があるのは事実。

経験や実績がついてくれば、それなりに稼ぐことは出来ますが、基本的には、お小遣い程度の収入の方がほとんど。

 

しかし、自分の英語のレベルUPや勉強しながらお金をもらえると考えるのであれば、スキマ時間に取り組めるのでオススメです。

第4位:英文メールや電話応対

 

外国人観光客が増えてきている影響で、Airbnbなどの旅行者に向けたサービスとして、簡単な英文メールや電話対応の依頼も増えてきています。

英語力としても、そこまで高度な内容は求められないので、取り組みやすい。

 

旅行が好きな人にとったり、誰かと交流するのが好きな人にとっては、かなり楽しい仕事でしょう。

第3位:オンラインの英語教師

 

スカイプなどを使って、オンライン上で、子供向け英語指導や受験英語・様々な英語の資格などの指導を行う。

英語のレッスンを一対一で行うことが多い。

 

自分が得意な分野を会社の方に伝えると、そこを生かした仕事ができることも。

レッスンの内容も自分で決めていいところも多く、仕事時間も、自分が働ける時間を自己申告制だったりするので、かなり働きやすい。

 

ただ、実務歴何年以上など、経歴が必要になることもあるので、そこをクリアすることが必須。

第2位:テープ起こし

音源を聴きながら、正確に文字に起こして行く仕事。

これはかなり、英語上級者向けのお仕事になります。

 

英語にも、日本語と同じように、訛りや癖みたいなものが一人一人あります。

そういうものもしっかり聞き取り、文字に起こさないといけないので、なんどもなんども聴き直して、確認が必要になりますね。かなり根気と技術がいるお仕事。

 

ただ、この仕事も自分のペースで進めることが出来ますし、他では得られない情報をいち早く得ることが出来まるので、自分が知らない知識を得られることに喜びを感じる人には向いています。

 

第1位:英語を使った在宅翻訳家

これは、僕が実際に仕事にしている「翻訳家」としての仕事。

翻訳の仕事は、企業のHPや海外製品マニュアルなどを、英語から日本語にしたり、日本語から英語にする仕事です。

 

多少の英語力は必要ですが、

  • TOEIC満点
  • 英検1級
  • 留学経験も必要
  • 英語ペラペラ

など

一切必要ありません。

TOEICも500〜600点ぐらいでOK!

翻訳の仕事は翻訳をするスキルが必要なので、一般的に想像されるような英語力とは違う新しい力が必要になります。

 

翻訳の仕事は、パソコン1台で仕事が出来、家でもカフェでもどこでも仕事ができる上に、一般的な在宅ワークに比べても、単価が高く、稼ぎやすい仕事になります。

 

もし、あなたが英語が好きで、英語を使った仕事をしてみたいな〜と思っているなら、ぜひ挑戦してみてほしい。

まとめ

 

英語を使った在宅ワークは様々な種類がありますが、絶対に、「コピペだけ」「ワンクリックで」などの甘い言葉に惑わされないようにしてください。

仕事を選ぶ時は、その仕事が自分自身の成長に繋がったり、誰かの役に立つ、などしっかりとした仕事選びをしましょう。

 

今、英語を使った、在宅ワークをしたいと考えるのであれば、翻訳家としての働き方が一番オススメ。

いきなり、翻訳家はハードルが高い・・・ということであれば、クラウドソーシングでの細切れの翻訳など、簡単なものから挑戦してみるのも有り。

 

もし、もっと翻訳家についての話を聞きたいということであれば、僕のラインの方でもお話をしていますので、登録してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

★ランキングに参加しております。よろしければ、ポチッと応援お願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


翻訳ランキング 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*