副業でこれまで学んだ英語力を活かして月30万稼ぐ方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「今まで英語しかやってこなかったし・・・私には英語しかないんだよね・・・」

英語ができれば十分だと思うのですが、実はこんな風に思っている人も少なくありません。

 

浅野正憲

そんなあなたにオススメなのが、これまであなたが学んできた英語力を活かした副業です。

英語は使わないとどんどん忘れてしまうし、仕事で英語を使うとなれば自然と自分の英語力もレベルUPしていくでしょう。

さらに、これから英語を使った仕事はどんどん増えていきます。

なぜなら、今まで日本にないものが海外から入ってきたり、外国人の方が日本に観光に来るたびに新しい商品やサービスがどんどん開発されているから。

 

最近では、Airbnbという民泊サービスが流行ったり、これまで資格がないとできなかった外国人の方を案内する仕事も資格がなくても報酬をもらってできるようになりました。

このように、これからますます英語力を使った仕事は増えていきますし、英語ができるとますます価値が上がっていくと言えるでしょう。

 

ということで、今回は、これまで学んできた英語を活かして月に30万円稼ぐ方法をお伝えしていきますので、じっくり最後まで読んで参考にしてください。

自分にあった副業を選ぼう

 

英語を使った仕事と一言でいっても数多くの種類があり、実際自分にあった副業はどれなのかわからないという方も多いでしょう。

それに、会社にバレたくなかったり、自宅でやりたかったり、人それぞれ仕事を選ぶ理由もあると思います。

 

浅野正憲

副業と言ってももちろんこれも一つのビジネスであり、簡単に稼げるわけではありません。

ビジネスは、人に価値を与えてその対価としてお金をいただくことですからね、適当にやってパッと儲けることができたら誰でも億万長者です

 

だからこそ、副業でお金を稼ぎたいのであれば、自分にあった副業をしっかり選択した上で継続的に取り組んでいくことが何より重要になります。

 

楽しくない、嫌い、苦痛なものは人間続けることができませんよね。

副業を選ぶ時は、その仕事が好きかどうか、長期的に続けていけそうかどうか、などしっかり考えて取り組むといいでしょう。

副業でお金を稼ぎたいなら実際に行動してみよう

 

副業を選ぶ際に、色々悩みすぎて不安が大きくなり、結局何も行動しなかったという人も多い。

 

浅野正憲

そうなってしまうと、何もしていないのと一緒、またお金に悩む日々の繰り返し。

もうそんな毎日から抜け出したいですよね。

 

ですので、副業でお金を稼いでみたいと思うのであれば、とにかくやってみるべき。

やらないで何かのせいにしたり、文句ばかり言っていてもいつまでたってもお金に苦しんだままで稼げるようにはなりません。これは事実です。

 

ですので、自分が好きなこと、これだ!と思うものが見つかったら、とにかくそれに全力で取り組んでみてください。

実際にやってみると、その体験からまた見えてくるものがあります。

 

挑戦して、失敗や問題が出たら改善して、そうやって自分で稼ぐ力を身につけて行きましょう。

オススメの英語副業4選

すぐにお金が欲しいならアルバイト

英語を使って仕事をしたいけど、すぐに確実にお金が欲しい!ということであれば、アルバイトが一番確実です。

ただ、時間の拘束があるので、自由に動けないという不便さはありますが、その時間働きにさえ行けば必ずお金を稼ぐことはできます。

 

具体的にどんな仕事があるのかご紹介していきます。

1英語で接客、レストラン・飲食店の接客業務

最近では外国人観光客の数も多く、レストラン・飲食店での接客の際に英語を必要になることが増えています。

そのため、レストランなどで接客や案内の際に英語を話せる人を募集しているお店が増えている。

 

お店の方でマニュアルを用意しているので、英語力に自信がない人でも、安心して取り組むことができる。

2英語を教える、英語塾講師

今の時代、小さな子供から年配の方まで、英語を話せるようになりたい、英語を覚えたいという人が多いです。

英語力に自信がある方は人に教えることで自分が成長できる。

 

英語塾講師は他の一般的な仕事に比べて、高時給であることが多い。

3英語で接客、アパレル・ファッション販売

在日外国人が増えているので、特に都内での募集が多い。

販売に必要な英語は限られているので、英語がペラペラでなくても大丈夫。

4英語で案内する、ホテル関連

訪日外国人が増加しているので、全国の観光地で募集が多い。

お客様のいろんな要望に答えたり、コミュニケーションをとることが多いので、それなりの英語力が必要。

誰にもバレたくないならネットを使ったクラウドソーシング

 

アルバイトは人の前に立つことが多く、できれば副業していることがバレたくないという人にはハードルが高い。

浅野正憲

こっそり副業したいという人にオススメなのがネット上で完結するお仕事。

 

ランサーズやクラウドワークスと言った有名サイトがあり、そこには毎日たくさんの仕事の募集が行われている。

例えば、

  • 簡単な英文の翻訳、商品レビュー
  • 短い文章の翻訳
  • 化粧品資料の翻訳
  • 輸入代行会社の英語通訳、秘書業務など

英語を使った仕事も多数掲載されているので、自分ができそうなものを選んで実際に仕事をしてみよう。

自分で商品を売るならストアカ

 

今まで紹介してきたものは、会社に雇ってもらってその対価としてお金を稼ぐ方法でしたが、今回紹介する「ストアカ」は、自分が先生になり英語力を売るサイトになります。

浅野正憲

例えば、「自分はここが得意!」「これなら誰にも負けない!」というものがあれば、そこだけをピンポイントに売ることができるのです。

 

TOEIC900点の私が教えるTOEIC対策の勉強法だったり、航空会社で7年働いた私が教える日常英会話の方法、だったり、これまでの自分の実績や経験をアピールすることで、直接お客さんのニーズに合わせた商品を売ることができる。

料金も自分が好きな料金を提示することができるので、人気がつけば普通にバイトするよりも高い単価でお金を稼ぐことが可能。

 

もちろん、手数料をサイトに払うことになるので、全額自分のものになるわけではないが、もし、あなたがこれから独立してお金を稼いでいきたいということであれば、ここでアピールして実際どれぐらいお客さんがきてくれるのか試してみるのもあり。

いきなりゼロ0からお客さんを探すのは大変だが、こういうサイトを利用してある程度人が集まっているところから経験する方が結果も得やすい。

しっかり独り立ちするなら産業翻訳家

 

最後にご紹介するのは、英語を日本語に、日本語を英語に翻訳する「翻訳」の仕事。

翻訳の仕事は大きくわけて3つ「産業翻訳」「出版翻訳」「映像翻訳」があります。

 

浅野正憲

この中で僕がオススメしたいのが、「産業翻訳」の仕事で、産業翻訳は、ビジネス文書、企業のHP、製品のマニュアルなど、ビジネスに関わるものを翻訳するもの。

 

将来のことも考えてしっかり副業に取り組んでいきたい、将来は仕事をやめて英語に関わる仕事がしたい、と思っているなら、なおさら産業翻訳の仕事がオススメです。

 

なぜなら今、翻訳業界の市場はどんどん大きくなっていて、翻訳家の数が圧倒的に足りていないから。

今がまさに参入のチャンスなのです。

 

もしかすると、「翻訳の仕事って難しそう・・・」とネガティブなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、翻訳の仕事をするのに、TOEIC900点以上とか英検1級とかそんなすごい実績がなくても大丈夫。

 

TOEICなら600点以上、英検も2級以上あれば大丈夫ですし、他にも英語がペラペラじゃなくてもOK。

というのも、翻訳には翻訳をする力が必要だから。

 

もちろん、簡単にその力がつくわけではありませんが、それも正しい道で続けて行けば必ず力もついてきます。

あとは自分がやるかやらないかそれだけですよね。

 

仕事の案件もかなりたくさん入っているので、やればやるだTo earnけ稼げるようになります。

翻訳の仕事なら月に30万円稼ぐことも可能ですし、専業になれば1000万円を目指すこともできます。

まとめ

 

副業をしてお金を稼いでいくためには、自分に合った副業を探しことが大事。

かと言って、いつまでも悩んでいても一向に稼げるようにはならないので、決めたらそれに全力で取り組む。

 

英語を使った仕事は本当にたくさんあるし、自分が先生になって売ることもできるので、かなり仕事の幅が広い。

どんな形で副業するにせよ、簡単に稼げるようになるわけではないので、諦めずに自分の決めた道を進んで行って欲しい。

 

 

 

★ランキングに参加しております。よろしければ、ポチッと応援お願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


翻訳ランキング 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*