翻訳家になるのに職歴は大切か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

翻訳家になるために

  • 職歴って関係あるのかな
  • 英語系の仕事なんてしたことないけど大丈夫かな

など考えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

浅野正憲

はっきり言って職歴なんか関係ありません

なぜこうも簡単に言い切れるのか、根拠を上げていきたいと思います。

翻訳家に必要なものとは

翻訳家として大切な力は大きく分けて3つあります。

1.翻訳力

翻訳家として活動していく以上、この力なくして活動していくことは出来ません。

翻訳力とは、「英語から日本語に」「日本語から英語に」に直していくことで、その力が優れていればどんな状況にあった人でも、翻訳家として活動していくことができます。

浅野正憲

なんならフリーターからでも翻訳家を目指せます

僕も大学を卒業してから、翻訳家として活動していくまでの間は、仕事という仕事には就いておらず、翻訳家養成学校に通っており、専門学校とは別物なので、フリーターのような感じでしたし。

でも、翻訳家専門学校はあまり役には立ちませんでしたね。卒業してすぐには翻訳家として活動できませんでしたし。

実際、僕の同期は僕を除いてみんな翻訳家として活動できていません。

本当に力を付けていきたいのであれば、実際に翻訳家として活動している人のもとで、真似をしていくことの方が確実に翻訳家デビューに近づくことが可能です。

2.検索力

次に大切なものは検索力です。

検索力というのは、様々なものを調べて文章を書いていくようなことだけではありません。

浅野正憲

翻訳をしていくにあたって、英語の文章を日本語に訳していくとき、分からない単語があったら調べますよね?

それと同じことで、読み手が読みづらい文章になってしまったとき、他に良い訳し方がないかたくさん調べてほしいのです。

どうすれば、読み手が読みやすい文章になるのか、しっかりと検索して文章を校正していく。

この時の検索能力というのがとても大切になってくるのです。

実際、このことをよくわかっていない人が多いので、活動してもなかなか稼げるようになっていない人がいるんですよね。

3.IT技術

IT技術と言われてしまうと、そこまでIT系に関わったことのない人だったら、無理そうかなと思ってしまうかもしれませんね。

浅野正憲

でも、そこまで高いIT技術は必要ないんです。

先程の、「検索力」を最大限に生かしていくために必要な力として「IT技術」が必要になってきます。

この場合のIT技術とは、単語の検索をする際に様々なソフトを使用するので、その技術が大切であるということです。

ですので、その検索ソフトを使いこなすだけのIT技術さえ身につけてしまえば全く問題ないです。

翻訳家になるためには

翻訳家として活動していくためには、仕事が見つからなければ何もできませんよね。

そんな時にやることとして挙げられるのは、クラウドワークスに登録してお仕事をもらうか、実際に企業にCVという履歴書のようなものを送って、トライアルを受けて仕事をもらうなどの方法があります。

クラウドワークスなどに登録してお仕事をもらうというのは簡単にできますが、お仕事をもらったとしても1 wordあたりの単価が低く、なかなか稼ぐことは出来ません。

浅野正憲

本当に翻訳家として活動していきたいのでしたら、企業にCVを送って仕事をもらった方が断然稼げます

以下に図を作ってみました。

翻訳会社に履歴書(CV)を送る

合格したらトライヤル(試験)を受ける

合格したら仕事開始

簡単に作ってみるとこんな感じです。

少し面倒な経路と思われても仕方ないと思いますが、このような経路をたどればしっかり稼ぐことができますし、好きな時間に家や別の場所で仕事をすることも可能になりますので、おススメです。

このCVというのは、就職活動や転職活動の時のように、どんな学校を卒業してどんなことをしていたかとか、どんな仕事をしてどんな結果を残してきたかを書く必要はないのです。

さらに、こんな資格を持っていますというようなことも書かなくてよいので、特別な資格なども不要。

ここには、

  • プロフィール
  • 希望言語
  • 週に何時間作業できるか
  • 希望単価
  • 実績
  • 使用している辞書

などを書いておけば大丈夫。

「実績なんて言われても何もやったことないから書けないよ~」と感じたあなた!

実績がなければ、自分ができることを書いておけばいいのです。

まとめ

結構簡潔に書いてきましたが、こんな感じで翻訳家になるために職歴は必要ないということは分かって頂けましたか?

どんなことを言ったとしても、やはり自分がやってきたことに対して少なからず不安要素は残ってしまうもの。

浅野正憲

僕も大学編入試験を受けたときは、どんなに勉強してきたとしても、「これで落ちたらどうしよう」とか「ここの勉強はこれでよかったのだろうか」とかすごく不安に思っていました

ですので、不安要素が残ってしまうのは仕方のないことだと思います。

ですが、不安に思っていたままでは不毛な時間を過ごすだけではもったいないと思うので、どんどんチャレンジしていってみてはいかがでしょうか?

実際、資格なんて持っていない人が多いですし、この業界に初めて飛び込んできた人もいますので、安心してもらえたら嬉しいです。

 

 

 

★ランキングに参加しております。よろしければ、ポチッと応援お願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


翻訳ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
1日たったの1時間で、まずは手堅く月30万円の副収入。年収1000万円を目指せる『在宅英語起業』を教えます!今すぐLINEで登録!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*