【現役翻訳者が直伝】在宅ワークで翻訳を始めるプロセス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今の仕事をやめる気はないけど、

  • もう少し自由に使えるお金があれば…
  • 将来のために蓄えを増やしたい…

など、思っていませんか?

浅野正憲

留学経験や語学に自信がある方は、在宅ワークで翻訳にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

翻訳の仕事は在宅ワークに最適なので、初心者でも気軽に始めることができます。

この記事では、これから在宅ワークで翻訳家として始める方に向けて、仕事を始めるまでのプロセスを解説していきます。

在宅ワークの翻訳はどんな種類がある?

在宅ワークの翻訳を始める前に、どんな仕事内容があるのかチェックしましょう。

翻訳の仕事は大きく分けて、日本語から外国語への翻訳、そして外国語から日本語への翻訳がある。

そして、在宅ワークの翻訳は、仕事内容、スキル、報酬は案件により異なります。

初心者にも比較的始めやすいのは日本語ホームページの英日翻訳・日英翻訳、ブログ記事の英日翻訳・日英翻訳があります。

1ページだけの翻訳もありますが、ホームページの全てのページの翻訳を任される仕事まで様々です。

翻訳の仕事の経験者には、ビジネス文書や自社製品やサービスの提案書、契約書の和訳・英訳などの仕事が挙げられます。

在宅ワークの翻訳の報酬はどれくらい?

翻訳の仕事は1ページの記事を翻訳する短いものであれば単発で2,000円程度、電話やメールの代行は1本あたり100円程度と低単価です。

ホームページ全体の翻訳やビジネス文書など高度なレベルになると5万円から10万円の高額報酬になります。

始めたばかりの頃は低単価でも数をこなして実績を増やして、良い評価がもらえると、高単価の案件も選ばれやすくなります。

在宅ワークを始めたばかりの頃は極力多くの案件を受注できるように実績を積むことが大切。

在宅ワークで翻訳を始めるプロセス

在宅ワークで翻訳を始めるには何から手を付ければ良いのかを見ていきましょう。

各翻訳会社に登録する

在宅ワークで翻訳をするのなら、翻訳会社に登録して多くの翻訳の仕事を頂きましょう。

登録する翻訳会社は1つだけでなく2つでも3つでもいくつでも登録できますので、いくつかの翻訳会社に登録して、安定して仕事をもらいましょう。

こちらに登録するには、トライアルという試験のようなものを突破する必要がありますが、ここを突破してしまえば、プロの翻訳家として最短でデビューできてしまいます。

会社から認められ、仕事が来るようになるので、多くの仕事をもらうことができますし、だんだんと慣れてくれば、自分のやりたい分野だけで仕事を受注することもできます。

浅野正憲

しかもレートが少し高めなので、どこよりも稼げるチャンスが大きいです

多くの案件をこなして、翻訳の仕事に慣れ、たくさんの仕事をこなせるようになれば、本業として仕事をしていくことができる。

国内外のクラウドソーシングに登録する

日本と海外にあるクラウドソーシングに登録して多くの翻訳案件を受注しましょう。

クラウドソーシングとは、オンライン上で仕事を受注してオンライン上で成果物を納品するシステムです。

ほんとんどのクラウドソーシングサイトは無料登録できるので、在宅ワークの翻訳を始める方は複数のサイトに登録して幅広く仕事を受注できる。

日本の大手は「クラウドワークス」と「ランサーズ」が挙げられます。

海外大手のクラウドソーシングは「Freelancer」「UP Work」には翻訳案件が多く見つかるのでおすすめ。

スマホアプリからも翻訳の案件を受注して作業できる「Conyac」「Gengo」なども手軽な在宅ワークとして活用できます。

浅野正憲

クラウドソーシングは多くのワーカーが応募するのでその中から選ばれなければ仕事が始まりません

しかも、TOEIC800点以上、英検1級などの目に見える資格や能力がないとなかなか仕事を受注できない。

多くの案件をこなして経験積むことが実績となり、比例して仕事が受注できるようになります。

オンライン翻訳サービスに登録する

翻訳の仕事を受注するには、オンライン翻訳サービスにも登録しましょう。

クラウドソーシングは翻訳案件の他にもウェブデザインやライティングなどの案件が多いですが、オンライン翻訳サービスは翻訳に特化しているのがポイント。

履歴書やスキルチェックなどはすべてオンライン上でできるので場所や時間を選ばずに始めることができます。

最近は、翻訳会社に依頼するのではなくリーズナブルなオンライン翻訳サービスを利用する企業が増えています。

オンライン翻訳サービスに登録すると、翻訳の案件を定期的に受注できるようになるのがメリット。

オンライン翻訳サービスは英訳1文字あたり2.6円~の「Gengo」9万人のバイリンガルユーザーが登録する「Conyac」がおすすめ。

初心者からも始められる簡単な翻訳から医療、金融、IRなどハイレベルな案件まで幅広く揃います。

オンライン翻訳サービスは無料登録できるので、クラウドソーシング同様に多くの案件をこなして実績を積むことから始めましょう.

在宅ワークで翻訳を始める前に気をつけること

在宅ワークの副業で収入を得たら、収入にかかる税金を自分で確定申告をして支払う必要があります。

これは、稼ぎ始めてからでも問題ないので、翻訳のスキルを付けることに集中しましょう。

その後稼げるようになったら、税理士さんに相談してみて下さいね。

最近は、自由な働き方が注目されており、政府も副業を進める方針を本格的に始めています。

留学経験がある方や外国語が得意な方は副業を始めるチャンスが大いにある。

しかし、翻訳の仕事を副業として始めるには注意点もありますので、確認しておきましょう。

まずは、現在勤めている会社が副業を認めているかどうか就業規則を確認する必要があります。

就業時間外であれば副業可能な場合もありますが、不可の企業もあるので注意しましょう。

副業不可な会社の場合でも、バレないようにやる方法はあります。

悪いことを教えるわけではありませんが、あまり大っぴらに話すことは出来ないので、知りたい方は、僕の公式ラインを登録して、こっそり聞いてくださいね。

まとめ

翻訳の仕事は在宅ワークとの相性が良く、楽しく稼げるのがおすすめポイントです。

自分の語学スキルや実務経験に合わせて仕事をスタートさせることができます。

ぜひ、参考にして頂いて在宅ワークの翻訳業にチャレンジしてみてください。

 

 

もしよかったら、ラインの登録お願いします。

→ @masanori で検索してみて下さい。

 

友だち追加

 

★ランキングに参加しております。よろしければ、ポチッと応援お願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


翻訳ランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*