【現役翻訳家が直伝】副業で翻訳家になるには資格は必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

海外留学や海外生活の経験がある方は、副業として翻訳をやってみたいと思う方は多いでしょう。

また、好きで英語を勉強し続けてきた人は、なお英語を使って仕事をしてみたいと思うのではないでしょうか?

副業で得意な外国語を使って翻訳をやってみたいけど資格は必要なのかな?と気になりますよね。

これから翻訳家を目指す方に向けて、翻訳に求められる資格について解説していきます。

翻訳家に必要な資格はあるの?

浅野正憲

結論から言えば、翻訳家になるために必ず必要な資格はありません

翻訳家になるための正式な資格や国家試験はありませんので、外国語スキルがあれば始めることができます。

在宅副業として翻訳を始めたい方も特別に必要な資格はありませんので、得意な外国語を活かした翻訳をすることができます。

翻訳会社やクラウドソーシング上で翻訳の仕事を受けたり、海外のカスタマーサポートを担当したり、オンライン英会話講師の仕事も同様に、特定の資格はなくても始めることができる。

在宅副業で翻訳をするなら英検やTOEICはあったほうが良い?

翻訳家になるために正式な資格はなくても、語学系の資格を保有していることは、信頼度を高める要素にはなります。

クラウドソーシング上での依頼主は翻訳家のプロフィールを見て、資格と実績が多い翻訳家に任せたいと思う人がほとんどです。

メジャーな英検やTOEIC、ビジネス翻訳資格、国家資格の全国通訳案内士試験、外務省が公認する国連英検などの資格はあったほうが有利になります。

クラウドソーシングなどの在宅副業で英語翻訳をされる方は、英検準1級、TOEICは800点以上を目安にすると良いです。

資格を取得して実績がある人の方が順調に仕事を受注できるでしょう。

特に翻訳の副業を始めたばかりの頃は、なかなか仕事が見つからないケースは多いです。

資格があれば武器になり、多くのクライアントの目につきやすくなるので、定期的に仕事が来るようになるのです。

ですが、翻訳会社から直接仕事をもらうとなると、資格はなくとも実績があれば、問題なく仕事を受けることができる。

浅野正憲

実際、僕の講座では、TOEIC500~600点、英検2級程度の英語力があれば、あとはスキルを付けるだけで、プロの翻訳家としてデビューできる。

その分、トライアルを受けて、仕事を任せられそうだと判断してもらう必要はありますが、、、

副業でも翻訳家をされる方は、個人で仕事を掴みに行かなければなりません。

ですので、どのような稼ぎ方をするのかを選び、必要なら資格を取るようにすればよい。

日本翻訳連盟(JTF)の「ほんやく検定」とは?

在宅副業の翻訳家としてオンラインで本格的に稼ぎたいという方は、日本翻訳連盟(JTF)が実施している資格試験「ほんやく検定」がおすすめです。

「ほんやく検定」は実務翻訳レベルを1級から5級の5段階で判定するので、一つの指標になります。

基礎能力レベルは4級と5級、実用レベルは1級から3級となり、2級以上に合格すると一般社団法人日本翻訳連盟公式ウェブサイトに掲載されます。

実用レベルである1級から3級の検定試験内容は、医療、政治経済、IT、科学技術、金融・証券などの中から自分の専門分野を選んで受験します。

一般的には、プロの翻訳家は実用レベル2級以上と英検1級、TOEICは900点以上のスコアが求められるようです。

ですが、現在僕はプロの翻訳家として活動してきて、プロの翻訳家として活動していて、資格を持っている人をあまり知りません。

ですので、そこまで必死になって「ほんやく検定」の資格を取る必要はない。

ここで資格を取ることに時間をかけてしまい、なかなか翻訳家として活動数ることができない方が時間の無駄ですので、慣れてきてから、取りたくなったら資格を取ればよい。

在宅副業の翻訳はどんな仕事の種類があるの?

日本語ホームページの日英翻訳、ブログ記事の日英翻訳、英日翻訳は初心者にも比較的始めやすいです。

1ページだけの翻訳からホームページのすべての翻訳を任される仕事まで様々です。

報酬は1ページだけの場合2,000円程度ですが、ホームページ全体の場合は5万円から10万円の案件もあります。

 

浅野正憲

英語翻訳の初心者には、産業翻訳がおすすめです

一般の会社の企業活動で生まれる翻訳を対象としており、HPやマニュアルなどの翻訳が大半を占めています。

それらは、英文としてしっかりと成り立っているものが多いので、そこまで頭をひねることがなく、しっかりと文を読んで、読みやすい日本語に直すことができれば、問題ありません。

比較的レートも高く、翻訳業の中でも大半を占めるので、仕事もたくさんあり一番稼げる市場となっています。

まとめ

今回は、これから在宅副業で翻訳を目指す方に向けて資格の必要性や保有していると有利な資格をご紹介しました。

語学の資格は必ずしも必要ではありませんが、今後は安定的に稼ぐためには保有しておいた方が有利な場合もあります。

オンラインでの仕事は受注しやすくなり、スキルのアピールにもなるので取得を検討しても良いでしょう。

ですが、そのような資格を取ることに時間を費やし続けてしまうのは、本当に時間の無駄ですので、早めに翻訳の仕事をすることをお勧めします。

もしよかったら、ラインの登録お願いします。

→ @masanori で検索してみて下さい。

 

友だち追加

 

★ランキングに参加しております。よろしければ、ポチッと応援お願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


翻訳ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
1日たったの1時間で、まずは手堅く月30万円の副収入。年収1000万円を目指せる『在宅英語起業』を教えます!今すぐLINEで登録!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*