【現役翻訳者が直伝】得意な英語で稼げる副業は何がある?おすすめ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「副業するなら得意な英語を使いたいな…」と思いませんか?

浅野正憲

好きな英語を活かした仕事ならば、楽しく稼げて自由に使えるお金が増えるので嬉しいですよね。

英語を使った副業は、どんな種類があってどれくらい稼げるのでしょうか?

これから英語の副業をしたい方に向けて、安心・安全に稼げるおすすめ5選をご紹介します。

英語の副業の選び方は?

副業として始める仕事は、無理なく続けられる仕事を選びましょう。

子育て中の方やスキマ時間を使って仕事をしたい方は在宅ワーク、積極的に人と英語でコミニュケーションしたい方は、通訳業もおすすめです。

楽しく稼ぐためには、自分に合っていて続けられそうな仕事を選びましょう。

①翻訳会社から翻訳の仕事をもらう

無理なく仕事をするなら、翻訳の仕事がおすすめ。

翻訳の仕事なら、時間も場所も問わず、仕事をすることができるため、家事や子育ての合間にも仕事をすることできる。

 

注意点としては、慣れるまでが少し大変だというのと、仕事も選ばなければならないということ。

慣れないと仕事がはかどらないですし、それだけのスピード感をもって仕事をしないと、なかなか稼ぐこともできません。

 

選ぶという言い方は悪いかもしれませんが、実際に自分がやっていて楽しい分野でないと、面白くありませんよね。

そういった意味で、仕事は選ばなければいけないんじゃないかと思います。

 

単価は、1word9円~12円などで、時給で3000円~5000円程度になります。

文字数に応じて単価はさらに高くもなりますので、慣れてきてしまえば、自分の好きな分野の仕事をするだけで、短時間で好きな額のお金を稼ぐことも可能。

②クラウドソーシングの英語翻訳

ちょっとしたスキマ時間や休日に英語の副業をしたい方には、クラウドソーシングの英語翻訳がおすすめ。

クラウドソーシングは誰でも無料登録すれば、英語翻訳の仕事を気軽に受注できるようになります。

 

国内大手は「クラウドソーシング」と「ランサーズ」があり、多くの英語翻訳の仕事が掲載されている。

仕事内容は、日本語サイトの翻訳や書籍、映像の翻訳、英文事務、英文ライティング、テープ起こしなどがあります。

 

単価は1件3,000円程度の低単価から3万円、5万円の高額報酬も様々です。

単価は文字数に応じて増える形が多く、文字数を多くこなせば高報酬になるというわけです。

 

基本的にクラウドソーシングは自分から仕事の報酬と納期を提案して、依頼者に選んでもらうシステム。

注意点としては、選ばれなければ仕事を始められないので、副業として稼ぐことが難しくなる。

 

クラウドソーシングの翻訳を副業とする方は、コツコツと実績を積んで、信頼度を高めることが大切です。

③オンラインマーケットで翻訳スキルを販売する

先程ご紹介したクラウドソーシングは、ワーカーが仕事を見つけて応募して、選ばなければ仕事が始まりません。

それではハードルが高いと感じる方は、オンラインマーケットで翻訳スキルを販売する方法がおすすめ。

 

ワンコイン(500円)マーケット「ココナラ」では翻訳の仕事を自分でオンラインマーケットで販売することができます。

ブログ記事の翻訳やホームページ翻訳、You Tube動画の翻訳など、自分からスキルをサービスすることができるのがポイント。

 

クラウドソーシングのように仕事を見つけて応募して選ばれるというプロセスが必要ありません。

受験英語に強い方ならば、英語の学習方法を教えるなど、英文ライティング英文添削などのサービスを提供しても良いですね。

 

オンラインマーケットはクラウドソーシングよりもハードルが低く、初めての副業にも最適。

まずは、「ココナラ」で翻訳の仕事が来るようになったら、クラウドソーシングに切り換えるのも良いでしょう。

④通訳ガイド

東京オリンピックに向けて、通訳ガイドの仕事も増えてきています。

オンラインではなく、実際に外国人に日本の魅力を伝えたり、滞在をスムーズにする手助けをしたりする仕事もおすすめ。

 

従来は、通訳ガイドとして仕事をするには「通訳案内士」を取得する必要でした。

しかし、2017年からは「通訳案内士」の資格がなくても通訳ガイドとして仕事ができるようになったのです。

 

旅行者と一緒に観光地や街中をガイドしたり、お買い物の手助けをしたりするニーズも増えています。

休日を使って外国人にガイドをすれば、やりがいがあって自分の成長にも繋がるのでおすすめ。

⑤オンラインの家庭教師

英語を使った副業は、オンラインの家庭教師もおすすめ。

オンライン家庭教師は在宅で仕事ができるので、スキマ時間を使った副業をお探しの方にも最適。

 

基本的にWi-Fi環境がある場所ならばどこでも仕事ができるがメリット。

小学生、中学生、高校生に受験英語のレッスンをする仕事なので、やりがいがあり責任感もあります。

 

生徒に質問されて答えたり、進路の相談などもオンライン上で行うので、塾へ通勤しなくても良いのです。

オンライン家庭教師のシステムは、生徒が待機中の教師を選んで、オンライン指導が始まります。

 

一般の家庭教師の時給は1,500円〜2,000円が相場ですが、オンライン家庭教師は2,500円からと高額なのもおすすめポイントです。

まとめ

今回は、これから英語の副業をしたい方に向けて、安心・安全に稼げるおすすめ5選をご紹介しました。

浅野正憲

英語初心者から上級者まで、副業として始められる仕事は多くあります

自分に合っていて無理なく続けられそうな仕事を選び、楽しく英語を使った副業を始めましょう。

 

 

もしよかったら、ラインの登録お願いします。

→ @masanori で検索してみて下さい。

 

友だち追加

 

★ランキングに参加しております。よろしければ、ポチッと応援お願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


翻訳ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
1日たったの1時間で、まずは手堅く月30万円の副収入。年収1000万円を目指せる『在宅英語起業』を教えます!今すぐLINEで登録!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*