翻訳家になりたかったら翻訳学校には通うな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現在この世の中には、翻訳家になるためにということで様々な情報が溢れています。

浅野正憲

ですが、ほとんどすべての人が翻訳家になるための方法をしっかりと理解していません。

なぜ、翻訳学校には通ってはいけないのか

詳しく説明していこうと思います。

翻訳学校(スクール)の注意点

インターネットを見ると

「翻訳家になるには翻訳学校(スクール)に行きましょう」

と書かれていることが多いですが、翻訳学校(スクール)に通ってもプロの翻訳家になることはほとんど出来ない。

なぜなら、翻訳学校のカリキュラムではプロの翻訳家になるためには圧倒的に時間が足りていないからだ。

浅野正憲

皆さんは翻訳家になるために必要な時間はどれくらいだと思いますか?

プロの翻訳家になるためには、大体600~800時間の勉強時間が必要だと言われています。

それで、翻訳学校では週に1度程度で、約2時間程度の受講になりますので、単純計算で300~400日通わなければいけないですし、1年だと大体53日ですので、6~8年かかってしまうことになります。

ですが、そうであるのも関わらず、短時間の授業で、無駄な知識を教え、翻訳家としてプロデビューできるような内容を教えてくれないんです。

翻訳学校の方は、ビジネスでやっているので、本当に儲けることしか考えていないように感じます。

ですので、翻訳学校に通って翻訳家として活動し始めたという方は、元々翻訳家としての力があったのではないかと考えておいた方がよい。

翻訳学校(スクール)の受講スタイル

翻訳学校(スクール)は大体が通学スタイルになっています。

そこでの授業は講義形式で行われ、課題を提出して添削をしてもらう形式を取っています。

ここで、課題を提出して添削してもらえるって結構よいと思いますよね。

浅野正憲

ですが、実はこれが本当によくないところなんです

それは、添削が返ってきてもなぜそのような回答になるのか分からないということ。

例えば、数学だったらどうでしょうか?

 

数式に当てはめて答えを出す

提出して添削してもらう

〇か×の答えが返ってくる

 

このような解答で返ってきたら、途中式が分からず、どうして間違ってしまったのか分からないですよね。

これは翻訳においても同じことが言えます。

翻訳も同じように、「これで完璧だ」と思って提出しても、どうしてこの訳文が間違っているのか分からなければ改善のしようがないのは明らかです。

ですので、翻訳学校(スクール)に通って、翻訳家としてデビューできるのは元々翻訳家としての能力が高かった人だと考えておいた方がよい。

僕はそんな実情も知らずに翻訳学校に入ってしまったので、その期間では翻訳家としてデビューを果たせませんでした。

どうすれば翻訳家として活動していくことができるのか

結局どうやって翻訳家になることがベストなのか、ということですよね。

翻訳学校(スクール)に行っても翻訳家になることができないのならなることは出来ないのではないか。

そのように思われても仕方のないことだと思います。

浅野正憲

ですが本当に翻訳家になりたいと思われているなら方法は2つあります

1つは、翻訳会社さんの事務所に入り、お仕事をするということ。

そこで沢山仕事をし、経験を積んでいくことができれば、確実に実力が付き、翻訳家として活動していくことができます。

ですが、これではプロの翻訳家として活動していくまでに多くの時間を使ってしまい、すぐには翻訳家として活動していくことは出来ない。

では、どの方法が早くかつ稼げる翻訳家になることができるのか。

それが、2つ目の実際にプロの翻訳家のやっていることを見て、真似すること。

どのような手順でやっているのか見て、真似していった方が、断然早く仕事をすることができ、上達も早い。

実際、翻訳会社に入って翻訳の仕事をはじめたとすると、実際にプロの翻訳家として認定されるのには2~3年掛かります。

ですが、プロの翻訳家がやっている姿を見て、学んだ方は、最短で40日で、翻訳家への道を歩みだしている。

だから、翻訳家になりたいのなら、1人の人を信じてついていくことが一番大切。

まとめ

浅野正憲

どうすれば、翻訳家になることができるのか、分かって頂けましたか?

本当に、翻訳学校(スクール)の甘い言葉に騙されてはいけません。

実際、僕が翻訳学校に通っていた時の同期は皆、翻訳家として稼ぐことは出来ていませんし、僕自身も、その翻訳学校を終了してもすぐには翻訳家として活動することは出来ていません。

そして、このような学校に通っていると、無駄な知識などを多く教えてくれるので、無駄に多くの時間とお金を使ってしまうことになります。

ですが、プロの翻訳家のやっていることを真似するだけなら、最短で40日で翻訳家になることができてしまうのです。

 

※もしこの秘密を知りたいという方は、こちらからLINEの登録をお願いします。

→ @masanori で検索してみて下さい。

 

友だち追加

 

★ランキングに参加しております。よろしければ、ポチッと応援お願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


翻訳ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
1日たったの1時間で、まずは手堅く月30万円の副収入。年収1000万円を目指せる『在宅英語起業』を教えます!今すぐLINEで登録!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*