【50代男性】副業するなら確実に稼げる英語を使った仕事がオススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「そろそろ定年後のことを考えると、お金が心配なので、今から何か準備しておかないと・・・」そう思って、副業に興味を持ち始める人は少なくありません。

 

浅野正憲

実際に、これから来る時代の変化に気づいている人たちは、かなり早い段階から準備を始めている人もいます。

 

定年後は、自分の好きなことや趣味が結果、お金になったらいいなと考えている人も中にはいるんではないでしょうか。

とうことで、今回は、50代から副業をはじめるなら、オススメの仕事と、その稼ぎ方をお伝えしていきますので、参考にしてみてください。

自分の生活や性格にあった副業に取り組もう

 

副業と一言で言ってもたくさんの副業があり、なにをすればいいのかわからないという人も多いはず。

 

浅野正憲

今回僕がオススメするのは、「英語」を使った副業ですので、あなたがもし、「英語」に興味がなければ、この記事はこれ以上読む必要はありません。他の副業をお探しください。

 

もし、あなたが「英語」に興味があってやってみたいなと思っているなら、ぜひ最後まで読みすすめもらえればと思います。

「副業」というと、「片手間で簡単に、」といったイメージがあるかもしれませんが、自分にあったものじゃないとそもそも長続きしないんですよね。

 

 

浅野正憲

ですので、自分が好きなものや興味があるもの、を副業に選ぶことをオススメします。

なぜかというと、いくら稼げると言われても、自分が全く興味のないものだと、副業に取り組む時間が苦痛になりますし、全然楽しくないので稼げるようになるまでにやめてしまうんですよね。

 

 

それにもう一つ大事なことが「自分がどれぐらい稼ぎたい!」と思っているのか、ということです。

月に10万円ぐらい稼げれば十分なのか、それとも、月に30万、50万、ゆくゆくは100万円ぐらい稼いでいきたいと思っているのか、それによって、選ぶビジネスも変わってきます。

副業にいち早く取り組むべし

 

やってみないとわからないことってたくさんありますよね。

 

浅野正憲

先ほどは、自分が好きなことや興味があることを副業に選びましょうと話をしましたが、実際に副業を始めていると、実は、好きじゃなかった、興味もなかったということもよくあります。

 

昔は好きだったけど、今は興味がなくなっているということも普通にありますよね。

他にも、実際に副業をやって見ることで、本業との兼合いや家族との時間、自分の休息時間など、いろんなものがはっきりと目に見えてわかってくると思います。

 

実際に動いてない頃は、あれもできる、これもできると頭で考えていたかもしれませんが、実際にやってみると、全然進まないということもあると思います。

全てが予定通りに行くはずもないので、頭で色々考えるよりも、実際に動いてみて、それから改善していく方法が実は一番早く結果を出す方法なんですよね。

 

ある程度の準備をしたら、早速、副業を開始してみましょう。

準備にいくら時間をかけても、実際に稼げるようにはなりませんから。

英語を使った副業でオススメなのは、翻訳の仕事

 

英語が好きだし、何か英語に関わる仕事ができたらいいな、と思っているなら数ある英語ビジネスの中でも圧倒的にオススメなのが、翻訳の仕事です。

 

 

浅野正憲

英語を使ったビジネスの王道だと、「英語コーチや通訳」などがあると思うんですが、それだと、かなりレベルの高い英語力が必要になりますし、これから勉強して、先生になったり、通訳になるのには膨大な時間とお金がかかってしまいます。

 

しかも、英語コーチや通訳の仕事は、人気も高いので、もし、英語がペラペラになったり、英文がスラスラ読めるようになったとしても、実際にクライアントを見つけるために営業力などが必要になるためオススメできません。

しかし、翻訳の仕事であれば、中学生以上の英語力があれば十分ですし、翻訳会社と契約して仕事をもらうので、安定的に仕事も入ってきます。

翻訳って、難しいんじゃないの?

 

とは言え、きっとこの中には、「翻訳の仕事って大変そう・・・」と思っているかたもいると思います。

もしくは、今までにも一度挑戦してみたものの、うまくいかなった・・・という人もいるかもしれません。

 

浅野正憲

そうなんです、確かに一般的に、翻訳家になれる人ってごくわずかなんですね。

 

翻訳の仕事って大きく分けると、出版翻訳、映像翻訳、産業翻訳って3つあって、その中でも僕がオススメしているのは、産業翻訳になります。

 

特に、出版翻訳や映像翻訳は、そもそも募集もごくわずかですし、自分から売り込んでいく必要があるので、かなりハードルが高くなります。

それに比べると産業翻訳は、翻訳会社のトライアルを受けて合格すると、翻訳家デビューができ、その後安定的に仕事がもらえるようになります。

 

この辺の細かい話を知らずに、全部「翻訳」とみてしまっているので、翻訳家になるのは難しいとイメージがついているのです。

自分の好きな時間、場所で仕事ができる

 

翻訳の仕事は、パソコン一台あれば仕事ができますので、その日の気分で外に出て、仕事をすることも可能です。

会社に行かなくても、自分の時間で仕事ができるので通勤の負担や時間の拘束がないのもいいですよね。

 

浅野正憲

自分のライフスタイルに合わせて仕事をすることができるので、自分のペースで無理なく仕事を進めることができます。

一応、仕事には納期があるので、その日を守ることができれば、一日休むこともできますし、朝早くや夜遅くでも、自分の好きな時間に仕事が可能。

 

常に自分のペースで仕事ができるので、仕事の自体も捗ります。結果短い時間でサクッと仕事を仕上げることができるので楽しく続けることができる。

まとめ

 

定年後に備えて副業を考えているなら、自分の性格や生活にあった副業を選ぶべし!

副業と言ってもビジネスなので、自分の好きなことや興味のあることを選ばないと、その時間が苦痛になってしまっては、稼げる前にやめてしまうのでもったいない。

 

それから、自分が月にどれぐらい稼ぎたいのか?そういうところもしっかりと見据えて副業に取り組むこと。

英語を使った副業を考えているなら「翻訳」がオススメ。他の英語関係のビジネスは、英語がペラペラでないと稼ぐことが難しいので、膨大な時間がかかりすぎる。

 

翻訳の仕事であれば、中学生レベルの英語力があれば十分なので、取り組みやすい。

翻訳家は好きな場所、好きな時間に仕事をすることが可能なので、自分のライフスタイルにも馴染みやすい。

 

英語が好きで、興味があるなら、他のどんな英語系のビジネスよりも、「翻訳」がオススメです!

 

 

★ランキングに参加しております。よろしければ、ポチッと応援お願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


翻訳ランキング 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
1日たったの1時間で、まずは手堅く月30万円の副収入。年収1000万円を目指せる『在宅英語起業』を教えます!今すぐLINEで登録!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*